高級キャバクラで働き始めるまでコミュ障でした

コミュ障を克服しようと思って

コミュ障を克服しようと思い、ナイトワークの世界へ

私の今のアルバイトは高級キャバクラのキャストです。元々会話が苦手で、この仕事に出会うまでは結構人見知りというかはっきりいってコミュ障でした。しかし、キャストとして働いているうちにそういったものとは無縁になってきました。そもそも高級キャバクラで働き始めたきっかけは、こういうところを克服していかないといつか社会に出た時に苦労するだろうなぁと思っていたからです。

仕事を探し始めた当初、何を基準でお店選びをすればいいのかわからず、お店選びは本当に悩みました。とりあえず「自分に合う雰囲気のお店を探す」といったことだけは決めていたので、その点だけが失敗しないようにと心がけていました。

運よくいいお店に入店することができて

今でもその高級キャバクラ店のキャストとして

幸いなことに私はいいお店に巡り合うことができました。そして、今でもその高級キャバクラ店のキャストとしてお世話になっています。個人的に仕事は嫌々ではなく、楽しみながら働けたらと思っています。もちろん仕事である以上、大変なこともあるし、必ずしも楽しい時間を過ごせるとは限りません。

高級キャバクラのアルバイトは、結構悩んだりすることも多いのですが、そこはお店のスタッフさんや同僚のキャストがしっかりとフォローをしてくれます。最初は不安でいっぱいでしたが、今では毎日充実した日々を過ごせています。さらに当初の目的であったコミュ障も克服することができました。